« 間違い探し | トップページ | 冬の日曜日 »

ウッドパネル

Ca3j0963 寒いながらも穏やかな休日、少し早めに起き出してお出かけします。お土産を買うため、淡路サービスエリアに立ち寄りました。

 クアトロポルテは前から見ると、リアからのような華麗さはありませんが、少し「たれ目」で、今の車にはない逆スラントノーズ(久しぶりの言葉です)が新鮮に見えませんか? 日産ローレル(7代目、C34系)に似ているという声もありますけど。

 この車だってもう12年選手。ガタがきているところもあります。特に乗り始め(寒冷時)はどこからとなくゴトゴト・ガタガタ・ビリビリ音、さらにこれらの車特有な革の擦れる音など聞こえてきます。でもしばらく走り、高速に入ると、ほとんど気にならなくなります。高速ではあのツインターボ・マセラティーの本領発揮。古いけど手に入れてよかったと改めて思わせます。                         

 旧式の4速ATで、アクセル操作に少しキックダウンが敏感。シフトダウンするとそこでターボが効き始めるので、燃費がどうした!って気持ちでついつい直線番長となってしまいます。この車には6速・7速ATなんていりません。カーブでは緩いところでも腰砕けになりそうでスピードダウン。

Ca3j0964 向かった先は、阪奈トンネルで追尾式レーダー搭載車(そのように探知機がさかんに注意してました、覆面パトのこと)の餌食になってしまった車を横目に奈良市内にある車のショップです。そう、このクアトロポルテを手に入れたところ。

 お願いしていたウッドパネルの修復が終わったとの連絡があったために、点検をかねて向かったわけです。

 茨城県取手市にあるショップにお願いしていたそうで、ダンボールじゃなく木箱詰め、丁寧な梱包で届いたそうです。写真はエアコンなどのコントロールスイッチ付近のパネル。

 シリーズ3のような艶やかさはありませんが、エボ(シリーズ4)の新車のものより深い色合いになっていました。想像していたものとは違いましたが、とても上品な出来上がりだと思います。十分満足。世界に一台しかない車になります。

                                クレイジーモーターワークス・ムカイ

|

« 間違い探し | トップページ | 冬の日曜日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 間違い探し | トップページ | 冬の日曜日 »