« ヘアラインのアルミ部品 | トップページ | ひるがの高原 »

3ペダルのマニュアルシフト

P8191212  しばらくお休みのカレラを動かさないとと、鳴門大橋を渡り週末のランチに鳴門方面へ向かいました。最近スパイダーを好んで運転。2ペダルのセレスピードは興味あるシステムですが、シフトアップ時の助手席乗員の首の動きが気になる。どんなにしても前後している。

 「今日の方が乗ってて楽」のひと言。

 私のクラッチワークがスムーズなんだと勝手に理解、ちょっと嬉しかった。それだけのことです。

 改めてこのシフトパターンを見ると、上側に4か所。手前側が3か所。よく間違わないものだと思います。カレラのシフトは、そんなにショートストロークじゃないけど、気持ちよく入ります。

 このカレラに乗り始めてもうすぐ6年、やっとオルガンタイプのクラッチペダルになれてきたように思います。エンストする回数が少なくなりましたから。

 やはりツインクラッチの2ペダルを経験したいです。

|

« ヘアラインのアルミ部品 | トップページ | ひるがの高原 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヘアラインのアルミ部品 | トップページ | ひるがの高原 »