« 突然に | トップページ | ほっとひと安心 »

自分としては大胆に

P1000415 右太ももとふくらはぎが痛いな。これは先日のドカのエンジンストップで、たくさんキックスタートを試したからに違いない。昨夜はマニュアルを眺めながら、まず簡単なキャブレター前面の燃料フィルターを見てみようと考えました。これならメカオンチでも壊してしまうことはない。とそれに合うレンチで緩めたところで、当たり前だけど、ガソリン流失。長袖シャツがくさくなってしまいました。見たところどろどろの状態ではなさそう。一度これをはずしてガソリンで洗っておきました。細かな黒いカスがとれた程度です。

 こうなると本体を開いてみたくなります。ここで登場したのが、前に高松の主治医が修理を始める前に、まずコンビニへ買いに行ったプリンの空き容器。なるほど、自分でやってみて初めてその大きさや利用目的を納得。今度はシャツの袖を濡らすことなく、メインジェットが入ったボルトを抜き、カバーをはずしたら、フロートが見えました。

P1000412 これ以上中を見るにはキャブレターをはずさないとダメなので、お昼休みもおしまいで今日のところは止めておきます。週末はインマニのボルトを緩め、マニュアルにあるように逆さまにおいて、中を覗きたくなってきました。

 マニュアルには、「絶対にブラシは使わず、エア・コンプレッサーで吹き飛ばすように。そうしないと必ず壊しちゃいます」みたいなことがか書かれてました。確かに高松の主治医もそうしてたなぁ。ブレーキクリーナーも用意しておかなきゃ。

 メカオンチにもおもしろそうな展開になりそうですが、果たしてこんな事で復活出来るのか?今日もプラグのスパークはやっぱりしっかり見られるから、こちらの問題だと思うんだけど。

|

« 突然に | トップページ | ほっとひと安心 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 突然に | トップページ | ほっとひと安心 »