« 三角停車表示板 | トップページ | デスモ »

2サイクルエンジンのバイク

 「バイクほしい病」が再発。フェイスブックの友達の友達(すなわち知らない人)の記事が気になって仕方ありません。そのバイクは80年代はじめに人気のあった2st.250ccの一台。その頃私はもう少し大きい4st.エンジンバイクしか興味なかったので、詳しい知識も記憶もないのですが、急に興味が出てしまいました。

 2st.エンジンバイクは16歳で二輪免許を取得し、最初に乗り始めた125ccのバイク(ヤマハAX)だけ。そのバイクは分離給油のエンジンオイルが、チューブのねじれ?で流れなくなってしまっていたため、アクセルオフで急に焼き付き、後輪がロック。幸い直線での赤信号手前でのアクセルオフだったので、大きな音とタイヤからの白煙を上げながらも転倒することなく止まれました。運転歴1ヶ月ほどのことなので、クラッチを切ることもできませんでした。

 バイク屋さんでその理由を聞き理解したものの、数週後に今度はカーブ手前で同様のことが起こりました。今度はクラッチを握り何とかこのときも転倒は避けられましたが、それにより「2st.のバイクは怖い」と以降は思い込んでしまっています。ただ、たったの125ccの排気量なのに、ある回転数からの吹き上がりは怖いよりも快感でした。「ドッカン・ターボ」の車みたいに。

Rzr_2 週末からは、中古バイクのサイトを探し続けますが、さすがに30年程度前のバイクなので「ほしい!」というのが見つかりません。

 RZ250はレストアされたものなどかなり高価な個体が並びます。私が探しているのはその後継モデルであるRZ250R。数回のモデルチェンジをうけてますが、車検がないので「年式不明」となっているものが多く、また当時興味がなかったのでどの時期のものかよくわかりません。

 こういう時って楽しいですよね。

|

« 三角停車表示板 | トップページ | デスモ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 三角停車表示板 | トップページ | デスモ »