« 2サイクルエンジンのバイク | トップページ | '86~'88 しか売ってなかったバイク »

デスモ

 「終いの住まい」ならぬ「終いのバイク」だと思っていたデスモ。週に一回はエンジンをかけ、色々なところの作働を確認していましたが、昨年5月に急にエンスト。それ以降は「うんともすんとも」いわなくなってしまいました。プラグを見るとスパークは確認されますので、燃料系の異常かとシロート判断。もしかしたらキャブレターのあたりで、ゴミが詰まったのかなと考え、コワゴワですが、キャブレターをバラしてみます。「思った以上にキレイ」な状態で、これ以上は自分ではできないと、近所の自動車修理工場に預けます。

Dsc_0743_2 色々とみてくれたようですが、夏頃に「キャブのフロートが浮いてない」という報告。「部品の調達に時間がかかるので…」ということですので、せっかく探してくれてるのだからと、シルバーストーンさんへの駆け込みは先にしていました。

 このデスモのペーパーモデルを机のとなりに置いてみたりしてました。「まあ、ゆっくり待とう」と思いながらも、ネットで中古車のサイトを見ながら、「250なら車検もないし、気に入ったら置いておいても」なんて考えが浮かんできます。事実、先週末には千葉のバイク店に電話もしてました。気持ちの中ではほとんど決定(YAMAHA RZ250R)してたのですが、その前にもう一度デスモを預けてる修理工場に確認してからと、やっと思いとどめました。

 今日「そろそろどう?預けてからちょうど一年になるし」とお店で話すと、「部品は年末に手に入ったけど、まだ組み立ててない」とのこと。私も気が長いのか「じゃぁ、よろしくね」と帰ってきました。

Fh000011 今シーズンもダメかもしれない。

 写真は89年にドカを手に入れた時の写真の一枚。この頃でも15年もののバイクでしたが、エキパイもクランクケースもピカピカですね(写真拡大してみてください)デスモが帰ってきたら、さびの出てしまったエキパイを何とかしてピカピカにしてあげようと思っています。

|

« 2サイクルエンジンのバイク | トップページ | '86~'88 しか売ってなかったバイク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2サイクルエンジンのバイク | トップページ | '86~'88 しか売ってなかったバイク »