« 幌の心配 | トップページ | 夏休み2016 »

ヤマハ SDR

 前々回の記事にあるヤマハSDRのことです。昨日少し暗くなりかかった夕方に、SDRを整備してくれている高松のI君から連絡がありました。

Sdrc 彼は今、仕事の都合で神戸にある会社の寮に住んでいて、週末は高松に帰っているようです。だから、「今からSDRに乗って淡路へ持って行き、高速バスで神戸へ向かうから」との連絡がFBに右の完成写真付きで届きました。

 整備はたぶんフロントブレーキオイル交換、フロントフォークのオーバーホールとインナーチューブのメッキ、タイヤ交換もちろんチェーン交換等々とナンバー取得のための登録および自賠責加入手続きをしてくれたのだと思います。きっと今度の日曜はそれに割いてくれようやく夕方に完成したようです。

 このようにしてもらえる事に感謝です。暗くなってからの「今から乗っていくから」には面食らいましたけどね。

 淡路に到着しても、もう神戸行きのバスはないので、神戸まで車で送ることにしてワクワクしながら待っていることにしましたけど、30分後にもう一度連絡。「高松を出発して走り始めたら、だんだんヘッドランプが暗くなってしまったので引き返し、また電装を再チェックして7月中にまた日を改めて」とのこと。まあ昼間に整備をしてたので、夜間走行テストはしてないでしょうからね。

 ゆっくりで結構ですから、よろしくお願いします。

Sdr
 デスモの時も同じようにしてもらったけど、こんなことが自分でできれば、気に入った古いバイクをガレージにストックしておいて、気が向いたときに整備して楽しむことができるんだなあ。

 整備したこのSDRを時々動かし、この状態を維持するのが条件の無期限・無償貸与です。驚きでしょ。

|

« 幌の心配 | トップページ | 夏休み2016 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 幌の心配 | トップページ | 夏休み2016 »