« デスモ再復活への道 | トップページ | 真っ赤なレクサス »

トヨタ・ポルテ

 プジョー 1007という短命なモデルがありました。3ドア車で前席両側のドアがスライドドアというもの。それまでスライドドアはミニバン左側後席にあるのしか見たことがなかったので、とても新鮮でした。あまりディーラーへ行くことはないのですが、このときは見にいきました。残念ながら、後席の巾が狭く(前席スライドドアとしたためでしょうか?)またその頃に採用し始められた2ペダルATで、ブレーキを離した時のクリープがないため、車庫入れ時のコントロールがややこしそうということで見送りました。

Dsc_0152 ちょうどその頃に、トヨタから「ポルテ」なんていう変な名前の車が登場。まあマセラティーのクアトロポルテも同じ命名の仕方ですけどね。

 ある日に薬関係の営業の人が「これ代車です」って、クリーム色のポルテに乗り来られました。家内にも見せたところ「かわいい」とその頃家内が乗っていたルーテシアから乗り換える事になりました。当初はもう少し後方までスライドすれば、後席に乗りやすいのにとか、運転席の背もたれが2ドア車のように前方に倒すことができず、運転席からは後席に荷物さえも入れられないとかの不満がありました。またハンドルが乗用車よりも上を向いていて、長時間運転で肩が凝ってしまうこともあり、せいぜい2年か最初の車検までには乗り換えるだろうなと買った直後は思っていました。

P1010648 ただ思っていた以上に山道でも活発に走り、背が高いのにロールは多くありません。絶対的パワーは低いですが、高速道路でも周囲をリードしての長距離も苦にならない(実際にこの車で信州・北陸程度のところには何度も出かけました)し、メンテナンスはほぼフリー(12ヶ月点検と車検時の整備だけ)の状態で何も問題が起こっていません。

 こんな事ですので、なんと10年を過ぎても、いまだ家のメインカーとして活躍中。先日にはついにオドメーターの数字がこのようになったのを、これも高速道路上で確認できました。

Dsc_0149 このあたりは(オーナーが)過保護すぎるヨーロッパ車に対して、国産車はやっぱり安心だなと思うところです。

 今日はスタッドレスタイヤから夏タイヤに取りかえます。年に2回交換してると、僕でも30分ぐらいで交換できるようになりました。作業中は気がつきませんでしたが、このようにタイヤを写真で見るとゴムのひび割れが見られますね。ポルテ、まだまだ元気そうだしタイヤ交換かな?

 10年以上家族を乗せて走ったメインカーには思い出もたくさん乗っていますからね。

 

|

« デスモ再復活への道 | トップページ | 真っ赤なレクサス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« デスモ再復活への道 | トップページ | 真っ赤なレクサス »